神の乳母 第4巻

ホラー・グロ系エロ漫画好きには、もうもうたまらない内容なのです。

 

 

 

これから購読を考えている方は、

 

 

まずは、ここでネタバレを読んでみてから、

 

 

どんな作品か堪能してみてください。

 

 

 

 

 

それから本編読むか?   考えたら?。

 

無駄なマンガを買うのは、お金と時間のムダですからね。

 

 

 

 

 

 

いやいや、良さそうだから、もう読みたい!!って人は、

下の画像から会員登録無しで無料試し読みができます。

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

第4巻

 

 

 

 

 

 

「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の横で異形に身体を捧げた人妻

 

 

ユリエの女体をむさぼり、成長し巨大化し続ける異形のバケモノ。

 

 

成長に比例して、行動の幅も広がっていった。

 

 

 

毎日のようにバケモノと交わって快楽におぼれているユリエだが、夜はどこにでもいる若い母であった。

 

 

だが、とある夜。

 

 

寝室で眠るユリエは、突然聞こえた物音で目を覚ました・・・。

 

物音のした方を見てみると、なんと バケモノが壁伝いにユリエたち家族の住む部屋へとやってきたのだ。

 

バケモノは、ゆっくりと部屋に入り ユリエに近づいてくる・・・。

 

 

ユリエのすぐ隣では、夫が眠っている。

 

 

だが、ユリエは足を開き 受け入れる体勢をとるしかできなかった・・・。

 

ユリエのこころは

 

「早く終わらせて」

 

 

そう願うユリエの思いとは裏腹に、バケモノは触手をユリエのアソコに入れようとしない。

 

そう、まるでユリエを焦らしているかの如く、ユリエ自身が「触手をアソコに入れて」と言うのを待っているかのようだ。

 

 

そして、ユリエはとうとうガマンができなくなった・・・。

 

 

ユリエは、はしたない言葉を、、「もっと強く・・・入れて。私を気持ちよくさせて・・・ワタシの体を♥」

 

 

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

ユリエは最愛の夫がすぐ横で眠りについているにも関わらず、バケモノに自分からお願いしてしまったのだ!!

 

 

 

 

ユリエのお願いを聞き、笑みを浮かべたバケモノは 触手をユリエのアソコに突き入れてくる。

 

 

 

 

じゅぷんっ・・・ぬぷぷぅ・・・!!

 

 

 

 

バケモノもかなり興奮しているようで、いつもより更に奥深くに 触手を入れてきた!!

 

 

 

 

ユリエの口から思わず声が漏れる。

 

 

 

 

「あっ・・・ん・・・!! んんっ♥」

 

 

 

 

夫の真横でバケモノと交わるという状況で、

 

 

 

 

ユリエは今までに味わったことのない快感を覚え、体をくねらせる。

************************

 

どうです?  いろいろエロエロでしたでしょ?

もう、マンガ読みたい人は、急いでココから!

▼▼▼

 

神の乳母はスマホのみで配信中です。
 
スマホでの立ち読みはいつでも無料で出来ます!
 
 
気になる方は、ハンディコミック公式サイトへ♡
 
 
 
このマンガ、、、自分無理だわーと思ったら、
 
ログイン後でもいつでもお帰りできます。  
 
 
もちろん、この間は一切料金が発生しませんよ。
 
 
まずは無料立ち読みをお勧めいたします。
 
 
ココから行けます。  画像をポチ♡してください。
       ▼▼▼▼▼▼ ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

神の乳母の解説をしていきます。  マンガが大好きで、次に読む人の案内役になればいいなぁと思っています。 7巻で最終回です。 *平成29年9月現在 シリーズとして読んでも、いい感じの長さじゃないでしょうか。 現在進行系のマンガは、 進展がはっきりしないのと、発刊を気にしていないといけないので、その点は最終回迎えた漫画のほうがスキッリ感がありますね、 エロとグロの混ざった不思議なマンガですが、画力のある漫画家さんなので、 充分に、そのエロと怖さに入り込めますね。 おすすめできます。